ストレスや疲労をなくすために、発散しよう

喜ぶ人たち

理解しよう

うつ病は誰もがなりうるもの

うつ病とは、強いうつ状態が長く続き、日常生活そのものに支障をきたしてしまうような心の病気です。嫌なことや落ち込むことは、生きていれば誰もが経験することですが、時間と共に気分が晴れてきたり、楽しいことによって悩みが解消されたりと普通は自然に気持ちが戻っていくものです。しかし、うつ病になってしまうと、物事に対する関心や意欲が失せ、何もする気が起きないという状態が長く続きます。これは深刻な状態であり、自分で治そうとしてもなかなか難しい場合が多いのです。うつ病は特別な人がなるものではなく、実は誰もがなりうるものです。原因は、仕事や人間関係のストレスや、何かを頑張りすぎたことにより心が耐えられなくなってしまうものなど様々ですが、大切なのは特別な病気ではないということをしっかりと理解しておくことです。

自分でチェックすることが可能

 では、もし自分が最近おかしいな、と感じたらどうしたらいいのでしょうか。いきなり病院に行くのに抵抗を感じる人も多いでしょう。そのような人はまずは自分でチェック出来る方法があるのです。具体的にどのような症状があるのかというと、気持ちが落ち着かず常にイライラしている、眠れない、食欲がない、あるいは過食するようになった、今まで楽しめていたことが億劫になるなどといった事が挙げられます。しっかりとチェックしたい方は今はホームページなどで簡単にチェックリストが見られるようになっているので、利用してみましょう。もし当てはまるものが、多かった場合、我慢せずに病院に行って相談することが大切です。治るのには思った以上に時間がかかる事が多く、症状が悪化すればその分回復にも時間を要します。場合によっては原因と考えられる仕事や学校などを一時休んだ方がいい場合もあるので、専門家の指示を仰ぎましょう。うつ病は早期発見、早期治療が大切だと言われています。まずは自分でチェックし、気になることがあれば無理をせず専門家に診てもらう事が大切です。

うつ病患者の動向について

ストレス社会と戦う現代人においては、健康志向などにも後押しされて適度な運動の勧めが政策として実施されています。日本における精神疾患患者の数は、現社会においては、年々多くなってきており社会問題としても取り上げられています。 今後の動向として、患者数は益々増加する事が予測されています。過度のストレスや景気の不安などこれらの不安要因は、まだまだ多く存在しているからです。これらの要因が無くなる事は、現実的に難しく早期のうつ病への対応が今後とも必要となります。 一方、治療薬の開発には各薬品製造メーカーも力を入れており、医学分野での解明データーを基に新薬の開発が進む事が予測されます。新たな薬の開発によって、このうつ病への治療が進むことが期待されています。

自分自身でのチェックは

うつ病という病気について自分自身についてチェックしておく事は、早期発見や早期治療へと結びつきますので、とても重要なことです。しかしながらいくつか注意する事もあります。 このうつ病においては、セルフチェックできる診断シートなどにより簡単に行う事が出来ますが、あくまでも目安となるチェックシートでの診断となります。少しでも疑われた時には、専門医での診察が必要となります。 注意するべき点は、これらの簡単なセルフチェックにより可能となる反面、すでにうつ病にかかっていると思い込まない事です。診断シートの結果だけがすべてではない事を理解して、その後の適切な対応をする事が必要なのです。 診断の結果を鑑みて、自分自身で少しでも疑いのある場合には、専門医への診察を受けるべきです。

Menu